年収をアップさせる転職のタイミング

年収をアップさせる転職のタイミング

いま、全国で年に290万人が転職をして、そのうち50.8%が収入アップに繋がっているそうです。転職することによって人生が上向くこともあれば、逆に転職することで返って不幸になってしまうこともあるでしょう。そこで、転職を始める時に転職のタイミングについて考える必要性が出てくるのです。

ます大きなスパンで転職のチャンスを見てみると、年齢により3度の分岐点があると考えられます。一度目は20代後半、2度目は35歳まで、3度目は45歳です。

多くの企業で正社員募集の受け入れ年齢を35歳までとしています。DODAの年収UP転職の傾向データでは、転職成功者の平均年齢は31.1歳で、年収の平均アップ額は56.7万円でした。転職回数の平均も0〜2回が92%以上で、転職回数が少ない方が有利です。一つの勤務先に最低2〜3年は勤務していないと評価が低くなります。

年齢的には、20代の場合キャリアが浅いので、選考の際、やる気や伸びしろを見られるますが、30代の中途採用なら即戦力が期待されるので、それなりの実績も必要になってくるでしょう。40代の場合、多くの企業で管理職としての実績を求められます。管理職として少なくとも1~2年働き、実績を残していると転職も好条件の転職も可能です。

年間を通じての転職動向をみると3〜4月、9〜10月に新規の求人が増えるため、その3ヶ月前には転職活動をスタートするのが一般的に多いです。ボーナス支給後や退職金が貰える勤続年数などを考慮して、転職活動を始めることをおすすめします。

 

コメントを残す