転職の面接のNG志望理由

転職の面接のNG志望理由

就職、転職(中途採用)の面接で必ず聞かれるのが、志望動機・志望理由です。志望動機、志望理由は応募者が転職を希望する会社(雇用主)にマッチするかどうかを判断し、採用・不採用を決める重要な質問の一つです。志望理由、志望動機を聞かれて上手く答えられなかったときや、答えられたとしても人事担当者が眉をしかめる答えが返ってくると採用が遠のくことは間違いないでしょう。

以上の理由から、面接時のNG志望理由を先に知っておくことが大事です。それではどのような回答が採用担当者に嫌われるのでしょうか。業種、職種を問わず以下のような志望理由・志望動機はNGです。

まず、志望動機が漠然としている場合です。分かりやすい例としては、「人の役に立ちたい」、「○○の仕事で成功したい」などです。

次に、「勉強したい」という理由もNGです。働くというよりもスキルアップのみが目的と思われる可能性がありますので、スキルアップすることで会社に貢献できることをアピールする必要があります。

そして、給与、待遇面の良さを理由に挙げるのも良くありません。「給料が良いから」、「完全週休二日制で有給休暇消化できるから」、「残業が少ないから」などたとえそれが本音であったとしても働く理由の回答になっていません。

あとは自分のスキルを過大評価している場合や「地元に貢献したい」とか「家の近くで働きやすい」などの志望理由も印象が良くありません。

なぜ志望理由を聞かれているのかをしっかりと考え、面接を受ける会社の事業内容、仕事内容に照らし合わせた回答をするようにしましょう。

年収をアップさせる転職のタイミング

年収をアップさせる転職のタイミング

いま、全国で年に290万人が転職をして、そのうち50.8%が収入アップに繋がっているそうです。転職することによって人生が上向くこともあれば、逆に転職することで返って不幸になってしまうこともあるでしょう。そこで、転職を始める時に転職のタイミングについて考える必要性が出てくるのです。

ます大きなスパンで転職のチャンスを見てみると、年齢により3度の分岐点があると考えられます。一度目は20代後半、2度目は35歳まで、3度目は45歳です。

多くの企業で正社員募集の受け入れ年齢を35歳までとしています。DODAの年収UP転職の傾向データでは、転職成功者の平均年齢は31.1歳で、年収の平均アップ額は56.7万円でした。転職回数の平均も0〜2回が92%以上で、転職回数が少ない方が有利です。一つの勤務先に最低2〜3年は勤務していないと評価が低くなります。

年齢的には、20代の場合キャリアが浅いので、選考の際、やる気や伸びしろを見られるますが、30代の中途採用なら即戦力が期待されるので、それなりの実績も必要になってくるでしょう。40代の場合、多くの企業で管理職としての実績を求められます。管理職として少なくとも1~2年働き、実績を残していると転職も好条件の転職も可能です。

年間を通じての転職動向をみると3〜4月、9〜10月に新規の求人が増えるため、その3ヶ月前には転職活動をスタートするのが一般的に多いです。ボーナス支給後や退職金が貰える勤続年数などを考慮して、転職活動を始めることをおすすめします。

 

転職サイトのおすすめまとめ

転職サイトのおすすめまとめ

今や日本では転職する時に、インターネットを利用して転職サイトから最新の求人情報を得たり、求人サイトから希望する企業に応募することは当たり前になっています。転職活動で成功するには、まず『情報収集』することが必要です。したがって、インターネットで大手の転職サイトに登録することは転職成功の鍵といえるでしょう。

しかし、そうなると従来からあるハローワーク、新聞、折り込みチラシ、求人誌などだけしか求人情報を得ていない転職志望者は情報収集の段階で、転職サイトを活用する転職希望者と比較すると、不利になるともいえます。登録は基本的に無料なので、転職サイトをどんどん活用していきましょう。

転職に成功するために必要なことはいろいろありますが、まず自分に合った転職サイト(転職エージェント)を見つけることが大事です。まずはどんな転職サイトがあるのか、またそのサイトの実績、特徴は何かをしっかり見極めて登録してみましょう。

やはりおすすめなのは、人材紹介および就職・転職業界で大手の運営・管理する転職サイト、求人サイトです。リクルートやマイナビなど転職成功ノウハウや実績のある転職サイトなら、求人情報も多く集まってきますし、信頼感、安心感もありますので、おすすめです。

>>転職サイトまとめ